「名もなき家事」
大和ハウス工業株式会社 導入事例

共働き家庭ですら、妻に偏りがちな毎日の家事負担。
特に彼女たちを苦しめるのが料理、洗濯、掃除など名前のある家事以外の、細々した「名もなき家事」。
家族が気が付かないこの「名もなき家事」の軽減に、「大和ハウスの商品『家』自体でサポートや貢献できないか?」という社員の思いから開発されたのが『家事シェアハウス』。
『家事シェアハウス』のプロモーションとして、「名もなき家事」の存在を広く共感してもらうことに取り組んだ。
「名もなき家事」 大和ハウス工業株式会社
企業名
大和ハウス工業株式会社
実施年
2019年
業種
不動産・建設・建材
サービスメニュー
BtoC/コンテンツ・クリエイション/調査/メディアリレーションズ

実施内容

『家事シェアハウス』全国発売に当たり、共働き夫婦に家事に関する調査を実施。
調査を通じて夫が自認する家事負担「3:7」に対して、妻の認識が「1:9」と乖離し、「名もなき家事」に対する夫の認識や実践の低さが原因であることを明らかにした。
また「家事をシェアすること」を通じて夫婦のコミュニケーションを訴える動画や、有識者とともに開催した家事シェアハウスの見学会など、「名もなき家事」の存在を訴求する施策を実施。

成果

認知度UP

多くの報道とバイラル上での共感を獲得し、発売以来400棟を販売するヒット商品となった。

受賞歴

アワード

国際PR協会 IPRAゴールデン・ワールド・アワード・フォー・エクセレンス

2018年コミュニケーション・リサーチ部門(エージェンシー)トップ賞
アワード

2018アジア・パシフィックSABREアワード

2018年リサーチ・プランニング部門 ダイヤモンドSABRE
アワード

PRアワードグランプリ2018

2018年グランプリ
2018年特別賞

関連するサービス

関連する事例一覧