catch-img

【企業広報力】「PBR(株価純資産倍率)」と「広報活動」との関係性



企業の広報活動は「財務的指標」に寄与するか――。


広報ご担当の皆様なら、このテーマに一度は悩まれたご経験があるのではないでしょうか。
今回、「企業広報戦略研究所(株式会社 電通PRコンサルティング内)」が保有している「企業広報力調査2022」における企業の広報活動に関する実態データと、現在話題となっている企業価値を評価する指標の一つ「PBR(株価純資産倍率/ Price Book-value Ratio)」との関係性を分析しましたので、ご紹介します。

「企業価値向上」に向けた広報活動を考えていく上で、ご参考にして頂けますと幸いです。



PBR(株価純資産倍率 )とは

株価が割安か割高かを判断するための指標。株価純資産倍率(Price Book-value Ratio)という。純資産から見た「株価の割安性」。株価が直前の本決算期末の「1株当たり純資産」の何倍になっているかを示す指標。(日本証券業協会「投資の時間」より ※詳細下記リンクご参照下さい。)​​​​​​​

  PBR これから資産運用を始めたい方へ!投資の仕組みや金融商品の選び方、リスクの減らし方など、初心者が知るべきことをわかりやすくご説明しています。“お金を活かすための知識”を正しく身につけられるよう、一緒に学んでいきましょう。 投資の時間|日本証券業協会




目次[非表示]

  1. 1.企業広報力調査とは
  2. 2.「PBR1倍割れ」について
  3. 3.企業活動とPBRの関係性
    1. 3.1.分析➀:PBR1.0倍以上・未満企業の広報力別の分析
    2. 3.2.分析②:PBR1.0倍以上・未満企業の各項目別の分析
  4. 4.企業価値向上に向けた広報活動のポイント
  5. 5.電通PRC-PRX事務局からのご案内








企業広報力調査とは



「企業広報戦略研究所」(株式会社 電通PRコンサルティング内)では、日本における企業の広報活動の実態や課題意識を把握することを目的に、2014年から隔年で企業広報力調査を実施しています。

「企業広報力調査2022」では、「価値づくり広報モデル」をベースに、Strategy、Activity、Managementの3領域 と、「課題把握力」「目標設定力」「ファクト力」「クリエイティブ力」「PESO活用力」「エンゲージメント力」「インパクト評価力」「リスクマネジメント力」「広報組織力」の計9つの広報力で整理し、上場企業450社にアンケートを行っています。






「PBR1倍割れ」について



2023年3月、東京証券取引所が、上場企業の企業価値を高める基盤を作ることを目的に、PBR1倍割れ企業に改善策の開示するよう異例の要請を行いました。また、10月26日、「『資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応』に関する開示企業一覧」を2024年1月15日から公表開始すると表明し、「PBR 1倍割れ」への注目がますます高まっている状況です。

PBR(株価純資産倍率)とは、株価を総資産から負債を差し引いた「BPS(1株当たりの純資産)」で割った値で、株価が純資産の何倍かを示し、純資産に対して株価が割高か割安かを判断する指標です。

PBRが1.0倍という場合は、株価と純資産が同額ということ、PBRが1.0倍未満の場合は株価( ≓ 投資市場の評価)が純資産である株主の資産よりも安いことを意味し、投資家などに、「その企業の経営環境では利益を創出しにくい」「その会社の事業に成長する余地が少ない」あるいは「現経営陣が事業を成長させるのは難しい」と判断されていると考えられます。




企業活動とPBRの関係性



当研究所では、PBR向上を支える一要素として、企業の広報活動があると考え、「企業広報力調査2022」のデータを活用し、PBR1倍以上の企業群と1倍未満の企業群とで、どのように広報活動の実施率のスコアが変化するかを分析しました。


分析➀:PBR1.0倍以上・未満企業の広報力別の分析

PBR1.0倍以上・1.0倍未満の企業の広報力を分析したところ、PBR1.0倍以上と1.0倍未満の企業では、明確に広報活動の実施率が異なることが確認できました。(総合)広報力で、36.4:28.7、7.7pt差となっています。
また、9つの広報力の中でも特に、「課題把握力」「クリエイティブ力」「広報組織力」で差が顕著に見られました。





分析②:PBR1.0倍以上・未満企業の各項目別の分析

特に差が顕著だった「課題把握力」「クリエイティブ力」「広報組織力」の項目別に深掘りしてみます。


(1)課題把握力
課題把握力においては、1.0倍以上・未満企業において、10項目のうち、6項目の実施率で差が認められました。差があった項目第1位は「生活者・顧客からの期待や不安を把握・分析している」、次いで「株主・投資家からの要望や不満を把握・分析している」となり、ステークホルダーの要望・不安に関する項目で大きな差異が確認できました。




(2)クリエイティブ力
クリエイティブ力では、10項目のうち、7項目の実施率で差が認められました。その上位は、メディアの興味・関心、PRメッセージ・ストーリーの策定、生活者・顧客の共感や信頼を高めるコンテンツ設計に関する項目で大きな差異が確認できました。




(3)広報組織力
広報組織力では、1.0倍以上・未満企業において、10項目のうち、5項目の実施率で差が認められ、その上位は、経営層との情報交換や広報戦略の共有など経営との距離感に関する項目で差異が確認できました。






企業価値向上に向けた広報活動のポイント



上記結果より、企業価値(PBR)向上を支えるための広報活動のポイントは、下記3点が考えられます。

➀ステークホルダーからの期待やニーズを把握・分析すること
②ステークホルダーのインサイトを踏まえた伝え方、伝わるための工夫をすること
③経営層と情報交換し、広報戦略の共有を行うこと

いずれも、株主や社員を含むさまざまなステークホルダーごとの“期待”や“不安”を把握し、その期待に応え、不安を払拭するための情報を“分かりやすく”伝える工夫を凝らすことが、企業価値を向上させる上で、重要な広報活動であると考えられます。

--------------------------

今回は、これまでひもとくことが難しかった投資市場における「企業価値評価」と広報活動の関係性についてまとめました。
企業価値向上に向けた広報活動を考えていく上でご参考になれば幸いです。



※引用されたデータや状況、人物の所属・役職等は本記事執筆当時のものです。




電通PRC-PRX事務局からのご案内



■「企業広報戦略研究所」10周年記念ファクトブック発行のお知らせ

「企業広報戦略研究所(電通PRコンサルティング内)」10年間の活動を俯瞰(ふかん)し、これまで実施してきた、「企業広報」活動の発展に貢献する各種調査・分析・提言を1冊のファクトブック資料(抜粋版)にまとめました(2023年11月20日発行)。下記リンクよりダウンロードいただき、皆様のコーポレート・コミュニケ―ション活動にお役立てください。


  C.S.I.ファクトブック概要版 2013年12月に設立した、企業広報戦略研究所2023年12月に設立10周年を迎えます。 設立以来、学術機関や企業の広報セクションと連携しながら、企業広報の発展に寄与すべく調査・研究活動を行ってまいりました。 企業広報戦略研究所のこれまでの軌跡と、現在実施している調査・研究をまとめたファクトブックの概要版です。 「PR X」マガジン|すべてのビジネス領域に、PRの技術を|株式会社電通PRコンサルティング



■「新 企業広報力」比較分析・診断プログラム

当社内「企業広報戦略研究所」の企業広報力調査結果データを活用するもので、ご依頼のお客様には、個別活動分析レポート、ならびに業種別活動実態ランキングや広報活動比較シート等をご提供。また、その他調査と組み合わせて、広報戦略の策定支援なども行っております。ぜひ、皆様の日常の広報活動を振り返るとともに、今後の広報活動計画を見直す機会として、ご活用ください。


  「新・企業広報力」 比較分析/診断プログラム|PR X マガジン|電通PRコンサルティング 株式会社電通PRコンサルティンでは、お客様の「企業PR力」を相対分析し、診断レポートするプログラムをご用意しております。これは、当社内「企業広報戦略研究所」の企業広報力調査結果データを活用するもので、ご依頼のお客様には、個別活動分析レポート、ならびに業種別活動実態ランキングや広報活動比較シート等をご提供。また、その他調査と組み合わせて、広報戦略の策定支援なども行っております。 ぜひ、皆様の日常の広報活動を振り返るとともに、今後の広報活動計画を見直す機会として、ご活用ください。 「PR X」マガジン|すべてのビジネス領域に、PRの技術を|株式会社電通PRコンサルティング



■「企業メッセージづくり」とIR/PRコミュニケーション・サポートプログラム

お客さまの「企業価値」が、安定的、継続的に、適切な評価を獲得し、健康で個性的な企業成長を支援する事を目的に、「価値創造サイクル」視点で、企業メッセージの開発や発信のお手伝いしています。


  「企業メッセージづくり」とIR/PRコミュニケーション・サポートプログラム|PR X マガジン|電通PRコンサルティング 大きく変動する社会経済情勢や世界情勢をうけて、事業戦略から人材戦略に至るまで、様々な経営改革に取り組まれている企業は少なくありません。そういった中、株主、メディア、アナリストほか、多くのステークホルダーからは、これら改革の取り組みを、一貫性のある「企業メッセージ」として語る事が強く期待されています。電通PRコンサルティングでは、「価値創造サイクル」視点で、企業メッセージの開発や発信のお手伝いしています。 「PR X」マガジン|すべてのビジネス領域に、PRの技術を|株式会社電通PRコンサルティング



■トップ コミュニケーション・プログラム ver2.2


電通PRコンサルティングでは、企業リーダーの為のコミュニケーション・プログラムをご用意しています。様々なステークホルダーやメディアを想定した「スピーチライティング」支援から、「パブリック・スピーキング」や「メディアトレーニング」など、メディア出身者、演出家、心理学者など、実績豊かで多彩な講師陣がチームを編成して、企業リーダーのコミュニケーション力向上をお手伝いします。


  トップコミュニケーション・プログラム|PR X マガジン|電通PRコンサルティング 電通PRコンサルティングでは、企業リーダーの為のコミュニケーション・プログラムをご用意しています。スピーチライティング支援から、パブリック・スピーキング・トレーニングやメディアトレーニングなどのプログラムを、ステークホルダーやメディア等の想定される対象者ごとにカスタマイズ。メディア出身者、演出家、心理学者をはじめとした、実績豊かな多彩な講師陣がチームを編成して、リーダーにとって最適なコミュニケーション力の向上をお手伝いします。 企業広報戦略研究所の調査によると、企業の魅力を支える最も重要ポイントは、リーダー/経営者による「企業ビジョン」や「スピリット」リーダーシップ」等、非財務情報の発信であることがわかりました。これは、社会・経済環境が急速に変化している昨今、リーダーシップによる結束力を発揮し、持続的な事業成長の実現に挑戦する企業に、生活者が魅力を感じている事が考えられます。また、企業の人財マネジメント戦略が問われる現在、リーダーは「従業員エンゲージメント」強化に向けた対話・コミュニケーションの心構えや技術も重要になってきました。改めて、定期的なトップコミュニケーション・プログラムのご達用をご提案します。 「PR X」マガジン|すべてのビジネス領域に、PRの技術を|株式会社電通PRコンサルティング





秋葉 洋希
秋葉 洋希
2019年電通PRコンサルティング入社。 営業セクションにて、国内電機メーカー、青果メーカー、大手電子部品・電気機器メーカー、食品メーカーなどの企業を担当し、マーケティングコミュニケーションのプランニングを行う。 2022年度より企業広報戦略研究所(C.S.I)にて、各種調査の企画・実施とそれを基点としたコーポレートコミュニケーション戦略の策定から実行に携わる。

【月間】人気記事ランキング