記事一覧

記事一覧article

「ビジネスと人権」から考える 企業のあるべき情報発信

人権やコンプライアンス意識の高まりが加速度を増している今、問題が起きれば、当事者だけでなく、取引企業にまでその責任を拡大して問われる時勢となっています。従来の価値観にとらわれ、旧習を踏襲するのは言語道断。あいまいな態度で後手を踏んでいるだけでも、「道徳・危機意識の欠如」といった誹(そし)りを受けかねません。こうした状況下で企業は、人権という漠然としたテーマにどのように向き合うべきか。人権とビジネスの相関関係に詳しい蔵元左近弁護士に話を聞きました。

記事を見る


「OTEMOTO」編集長インタビュー “情報が残る時代”の価値観発信「怖くもあるが大事」

電通PRコンサルティングが、「OTEMOTO」創刊編集長の小林 明子氏にインタビュー。 メディアとしての関心事や興味、課題感、問題意識、また新たに取り組まれていることなどを質問。 本記事で、広報担当者のメディアリテラシー力を高めることを目指しています。

記事を見る

「メディアトレンドレポート2024」発表 電通PRコンサルティングが分析する“8つの変化”とは?

情報があふれ、波及も速いソーシャルメディア時代、世の中(ステークホルダー)の反応を先読みすることは一層困難に。そこでヒントとなるのが、メディアが持つ「将来を予測する力」。今回、電通PRコンサルティングでは、経済ビジネス、ファッション・ライフスタイル系メディアの編集長・副編集長に、「2024年度がどのような年になるか」について、インタビューを実施。そこから見えてきたトレンドを独自分析し、PR視点でまとめました。

記事を見る

【コレクティブインパクト最前線】社会的存在意義を果たし、企業のDNAを実感する! セイノーHD(株)執行役員 河合秀治さん

パーパス経営は、企業の存在意義を可視化し、社会課題解決を通じて経済合理性を獲得する経営戦略です。今回その一例として、セイノーHDの取組の一部をご紹介。コレクティブインパクトの先進的な担い手として注目される、同社執行役員河合さんにお話を伺いました。

記事を見る

【企業広報戦略研究所レポート2023】企業の魅力に強く相関する、社会課題への対応(第8回魅力度ブランディング調査)

企業広報戦略研究所「企業魅力度ブランディング調査」は、今年で第8回。2023年最新データから見えてきた事は、企業の社会課題対応とその広報力が、企業の魅力に強く影響を与えている事実です。企業広報に影響を与えるメディアの変化とともに、データドリブンな企業広報活動にお役立て下さい。

記事を見る

【広報Basic Skills】注目の社外取締役、そのPR活用法と起用事例

東京証券取引所「コーポレートガバナンス・コード」改訂に伴い、監督力強化と企業価値向上の観点から「社外取締役」に注目が高まっています。そこで今回は「社外取締役」について、具体的な役割や事例、企業PRとの親和性等について考察します。

記事を見る

【映像時代の企業PR戦略❷】いま求められるトップのコミュニケーション力

今、企業広報において映像メディアの活用が注目されています。ビジネス動画メディア「PIVOT」竹下 隆一郎さんが、企業PRに映像メディアを使いこなすコツ、期待される現代の企業トップ像、それを目指すトレーニング手法等について紹介します。

記事を見る

【広報Basic Skills】「社長交代」発表時の広報PR部門チェックポイント

例年、年末年始に発表が相次ぐ「社長交代」。この「新社長就任」において、広報PR部門が果たすべき役割はより一層重要となります。今回はこうした事態に備えて、「社長交代」発表時に、企業の広報PR部門は何を注意すべきか、本記事で紹介します。

記事を見る

【企業広報力】「PBR(株価純資産倍率)」と「広報活動」との関係性

企業広報活動は「財務的指標」に寄与するのか?この課題に迫るべく、「PBR/株価純資産倍率」と当社内「企業広報戦略研究所」の「企業広報力調査2022」データとの関係を分析しました。価値向上に貢献する「企業広報」を考える上で、お役立て下さい。

記事を見る