catch-img

【コミュニケーション力を鍛える(後編)】トレーニング効果を上げる秘訣



「コミュニケーション力(コミュ力)を鍛える」をテーマに、有識者や著名人のコミュニケーション・コンサルティングを行っている人気コンサルタント二人による対談企画。

著書「世界最高の話し方」が15万部を突破し、高い人気を誇るエグゼクティブ・スピーチコーチ&コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんをお迎えし、電通PRコンサルティング PA&危機管理広報コンサルタント・青木浩一とともに、「コミュニケーション力の鍛え方」について、お話しいただきました。

前編では、最近のコミュニケーションに関する傾向、コミュニケーションと向き合う際の考え方について解説いただきました。後半となる今回は、実際にどのような形でトレーニングを行っていくか、効果が出やすい人、出にくい人の特徴など、より実践的な心構え等について、ご紹介いただきました。


本記事の前編はコチラ




(左) 岡本純子(おかもと・じゅんこ)

コミュニケーション戦略研究家
エグゼクティブ・スピーチコーチ(「世界最高の話し方」を教える「伝説の家庭教師」)

読売新聞経済部記者、電通PRコンサルティングを経て、現職。新聞記者として鍛えた「言語化力」「表現力」、PRコンサルタントとして蓄積した「ブランディング」ノウハウ、ニューヨークで学んだ「パフォーマンス力」「科学的知見」を融合し、独自のコミュ力メソッドを確立。大手都銀、商社、電機メーカー、自動車メーカー、通信会社など日本を代表する大企業や外資系のリーダー、官僚・政治家など、1000人を超えるトップエリートの家庭教師として、プレゼン・スピーチ等のプライベートコーチングに携わる。
「東洋経済オンライン」「プレジデントオンライン」などで、「コミュ力の鍛え方」について、情報発信を続ける一方、2018年に「世界一孤独な日本のオジサン」を出版、話題となる。近著「世界最高の話し方: 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!『伝説の家庭教師』が教える門外不出の50のルール」は15万部を超えるベストセラーに。
2021年には、「今年の顔」100人にとして『2021 Forbes JAPAN 100』に選出。2022年5月に、次世代リーダー向け「世界最高の話し方の学校」を立ち上げる。https://commschool.jp/


(右) 青木浩一(あおき・こういち)

株式会社電通PRコンサルティング、ステークホルダーエンゲージメント局コーポレートコミュニケーション3部シニア・チーフ・コンサルタント、PA&危機管理広報コンサルタント

1983年、電通PR入社。企業不祥事にあたり、渦中のクライアントのメディア対応などをサポート。以来、各種広報業務サポート活動のほか、上記のような経験とノウハウを踏まえ、多くの官公庁、自治体、業界団体、民間企業の研修等において職員や企業幹部等を対象とした広報の基本的なセミナー、メディア(インタビュー)トレーニングや危機管理コミュニケーションにおける模擬(謝罪)会見トレーニングなどを遂行中。2007年10月から2011年9月まで、内閣府 食品安全委員会 緊急時対応専門委員。






目次[非表示]

  1. 1.一番必要なのは「意識」
  2. 2.「理論」を学びながら、ひたすら人前で「実践」
  3. 3.トレーニングで「自分らしさ」を磨き上げよう
  4. 4.編集後記
  5. 5.電通PRC-PRX事務局からのご案内




一番必要なのは「意識」



―ここまでは「コミュニケーション力はスキルであり、鍛えられる」というお話を伺いました。実際にトレーニングの講師をされていて、効果が出る人と出にくい人について教えてください。


(岡本)


一番重要なのが「意識」なんですよね。実は、自分で「変わりたい」と思っている人は100%効果が出るんです。なので、自分から「変えてください」と言って来られる方は、私自身も本当にやりがいがあるし、実際どんどん変わっていきます。ただ、「会社から言われて仕方なく来た」という人は一番変わりにくいです。そもそも必要ないと思っているのでトレーニングにも身が入らず、途中で「自分には必要ない」と言って帰ってしまった人もいました(笑)。

あとは、自分で一生懸命練習するのもいいんですが、筋トレでも変な形で練習すると変なところに筋肉がついてしまいますよね?コミュニケーションもスキルである以上、しっかりとコミットする意識、プロから学ぶ意識を持つことが重要です。



(青木)

前回も少し話しましたが、自分が講師として担当させていただく時には、トレーニングなんか必要ないと思っている人を「いかに乗せて“自分ゴト化”してもらうか」というところが一番注力する部分ですね。そのために事前の準備を重視しています。アンケートを取ってこれまでのご経験や自覚しているクセなどを書き込んでいただく、また以前に社内外でお話しされている動画を拝見したりといったご本人のコミュ力レベルをある程度把握しておくことは欠かせません。加えて、直近の関連記事を集めたり、ホームページなどを拝見してその企業の風土や社風を把握しておくことにも注力しています。






「理論」を学びながら、ひたすら人前で「実践」



―実際のトレーニングの進め方について教えてください。


(岡本)

私が講師を務めている「世界最高の話し方の学校」は全7回あります。1回目は雑談、2回目はボディランゲージ、3回目は説明、4回目は説得といった形で、毎回異なるテーマで課題を出して、ひたすら人前で表現していってもらう形を取っています。それに加え、ある程度の基礎知識は必要なので、理論を基に裏付けを説明していきます。「こういう形でボディランゲージをするのは、こういう意味があるから」と説明を加えて、理解してもらうイメージです。理論と実践を積み重ねていくことで、最後には大きく変わってきます

ちなみにこの学校ではコミュニケーションを通じたチームビルディングをしていく実験もしているんです。「小学校のようなコミュニティーをつくる」ようなイメージでしょうか。普段の授業や遠足、行事を通じて思い出を積み重ねて、大人になっても帰ってくる場所ができるという。

プログラムは3カ月間ですが、初めての人と何度も会って、食事をして、それぞれ自身の弱みを徹底的に探して、人前でさらけ出していくんです。このような「恥ずかしいこと」を積み重ねていくうちに、だんだんその恥ずかしさがなくなっていって、最終的には年齢、性別、職業関係なく、ものすごく仲良くなっていくんですよ。





(青木)

前述の事前準備もさることながら、迎えた当日のトレーニングでは対象者の言葉の選び方や話し方(バーバル)、また表情・動作(ノンバーバル)の良いところや持ち味をいち早く見つけて、「まず褒める」ことを心がけています。褒めて、自分もまんざらでもないと感じていただきます。その上で、記録した映像を客観的にご覧いただきながら、さらにこうすればもっと良くなるというポイントをディスカッションしながら確認していきます。


これも前述の、「乗せる」ということで言えば、当日ドアを開けて入ってこられた様子を見て、まず「その方をふっと笑わせる言葉はないかな」と考えてみたりもしています。「アイスブレイク」という言葉がありますが、トレーニングの出だしはとても重要だと考えています。ちなみにトレーニングを受ける方には、プレゼンテーションや取材対応の際、冒頭に、まずは聴衆や記者を和ませるための、場面にふさわしい「笑み(スマイル)」を浮かべていただくことなどもアドバイスしています。







―ありがとうございます。ちなみに普段気を付けること、自身でできるトレーニングなどはあるのでしょうか?


(青木)

まずは企業トップとしては、必ずしも本業ではない「コミュ力」について、関心や問題意識を持っていただくことではないでしょうか。普段からさまざまな業界トップの言動を見たり聞いたりするクセをつけることが大切です。私もこの仕事をするようになって、それまで以上に人の話し方に耳を傾けることが多くなりました。例えばテレビを見たりラジオを聞いたりしながら、「この人ちょっとしゃべり過ぎだな」「こういうクセがあるな」、また「このメッセージは効果的だな」という批評をしてみたり。いろいろな人の話しぶりを聞いていると、その人の個性や特長が見えてくるんです。そのような経験を積み重ねながら、トレーニングを受ける方の表現力やクセを改善したり、あるいは生かしていくことに役立てています。

あとはプレゼンテーションの事前練習。プレゼンの前、スピーチ原稿を用意することがありますよね。それを読んで頭に入れておくこともさることながら、「声に出して練習する」ということがとても大切です。「この部分は他よりもゆっくり話す」とか、「ここで間を置く」「ここでちょっと目を見開く」といったようなポイントを原稿に書き込みつつ練習することは重要ですね。録画や録音をして自分で客観的に聞いてみるということもお勧めします。






トレーニングで「自分らしさ」を磨き上げよう



―こういうトレーニングを受けると、皆が同じような「型」にはまってしまうという不安を持たれている方もいるのではないでしょうか?


(岡本)

それは違います。トレーニングはテンプレートがあって、「声を大きくしましょう」とか「ジェスチャーしてください」ということを通り一遍に学ぶものではありません。トレーニングを通じて「自分らしさを出していきましょう」というだけなんです。

自分の弱みや強みは何か?いうことを徹底的に考えていただいて、それを踏まえて自分らしい個性をどう表現するかが重要なんです。そういうところを引き出して、最適な姿を目指していくのが私たちの活動です。なので、みんな全然仕上がりは違ってきますよ。


―ありがとうございます。それでは最後に、コミュ力を鍛えたい皆様への メッセージをお願いします。


(岡本)

私が一番お伝えしたいのは、繰り返しになりますが「コミュ力は鍛えられる」ということです。この仕事をしていて感じるのは、本当に皆さんそのことを知らないんですよね。学んだら必ず変わるし、ビフォーアフターで自信がついた自分に出会うことができるということを、多くの人に知ってもらえたらと思います。



(青木)

トップや役員の言動は、そのままその企業や組織のレピュテーションに反映されます。SNSや動画が当たり前になって、顔を出して話す機会も格段に増えました。「あの人の経営する会社だったら信頼できる」から始まって「あの会社には共感できる」とステークホルダーに思ってもらうためにも、「コミュ力」についてもっともっと関心を持っていただければと考えています。






編集後記



いかがでしたでしょうか?「コミュ力」というと明るい人だけに備わっている「才能」というイメージを持っている方も多いと思いますが、実は「スキル」であり、誰でも、いつでも「鍛えることができる」ということがご理解いただけましたでしょうか。

電通PRコンサルティングでは経営層をはじめとしたスピーチトレーニング、社内全体のコミュニケーションを活性化させるインナーコミュニケーションプログラムなど、さまざまなプログラムをご用意しています。お気軽にお問い合わせください。

本記事の前編はコチラ

  コミュニケーション力を鍛える~前編「コミュ力ってスキル?才能?」 グローバル化が進み、価値観も多様化してきた現代。コミュニケーション力が企業の成長を左右すると言っても良い世の中になってきました。そこで今回は、「コミュニケーション力はスキルである」と題して、企業リーダー他のコミュニケーション・トレーニングを多数行うとともに、著書「世界最高の話し方」が15万部を突破するなど高い人気を誇る岡本純子さんをお招きし、当社コンサルタント青木浩一とともに、お話しいただきました。 「PR X」マガジン|すべてのビジネス領域に、PRの技術を|株式会社電通PRコンサルティング ​​​​​​​



​​​​​​​

※引用されたデータや状況、人物の所属・役職等は本記事執筆当時のものです。





電通PRC-PRX事務局からのご案内


❶トップコミュニケーション・プログラム

電通PRコンサルティングでは、企業リーダーの為のコミュニケーション・プログラムをご用意しています。様々なステークホルダーやメディアを想定した「スピーチライティング」支援から、「パブリック・スピーキング」や「メディアトレーニング」など、メディア出身者、演出家、心理学者など、実績豊かで多彩な講師陣がチームを編成して、企業リーダーのコミュニケーション力向上をお手伝いします。(※本記事に登場いただいた岡本純子さんも、当社の外部サポートメンバーのおひとりです。)


  トップコミュニケーション・プログラム|PR X マガジン|電通PRコンサルティング 電通PRコンサルティングでは、企業リーダーの為のコミュニケーション・プログラムをご用意しています。スピーチライティング支援から、パブリック・スピーキング・トレーニングやメディアトレーニングなどのプログラムを、ステークホルダーやメディア等の想定される対象者ごとにカスタマイズ。実績豊かな多彩な講師陣がチームを編成して、リーダーにとって最適なコミュニケーション力の向上をお手伝いします。 「PR X」マガジン|すべてのビジネス領域に、PRの技術を|株式会社電通PRコンサルティング



「企業メッセージづくり」とIR/PRコミュニケーション・サポートプログラム

多くのステークホルダーから、(非財務情報を含めた)企業の経営方針や成長戦略を、一貫性のある「メッセージ」として語る事が強く期待されています。当社では、お客さまの「企業価値」が、安定的、継続的に、適切な評価を獲得し、企業成長を支援する事を目的に、企業メッセージの開発や発信をお手伝いしています。


  「企業メッセージづくり」とIR/PRコミュニケーション・サポートプログラム|PR X マガジン|電通PRコンサルティング 大きく変動する社会経済情勢や世界情勢をうけて、事業戦略から人材戦略に至るまで、様々な経営改革に取り組まれている企業は少なくありません。そういった中、株主、メディア、アナリストほか、多くのステークホルダーからは、これら改革の取り組みを、一貫性のある「企業メッセージ」として語る事が強く期待されています。電通PRコンサルティングでは、「価値創造サイクル」視点で、企業メッセージの開発や発信のお手伝いしています。 「PR X」マガジン|すべてのビジネス領域に、PRの技術を|株式会社電通PRコンサルティング



関連記事はこちらから ▼

  【映像時代のPR戦略❶】動画メディアの可能性(ビジネス動画メディア「PIVOT」の視点) YouTube、TikTok等ソーシャルメディアでも映像が主流の時代。しかし企業広報において、映像メディアを使いこなす企業は多くありません。今回は人気ビジネス動画メディア「PIVOT」竹下隆一郎さんをお迎えし、「映像時代のPR戦略」について紹介します。 「PR X」マガジン|すべてのビジネス領域に、PRの技術を|株式会社電通PRコンサルティング


​​​​​​​

  【映像時代のPR戦略❷】いま求められるトップのコミュニケーション力 今、企業広報において映像メディアの活用が注目されています。ビジネス動画メディア「PIVOT」竹下 隆一郎さんが、企業PRに映像メディアを使いこなすコツ、期待される現代の企業トップ像、それを目指すトレーニング手法等について紹介します。 「PR X」マガジン|すべてのビジネス領域に、PRの技術を|株式会社電通PRコンサルティング





PRX編集部
PRX編集部
広報・PRのトレンド情報や、電通PRコンサルティングが60年以上に渡り培ってきた様々なソリューションなどについてご紹介。

【月間】人気記事ランキング